高知市にある歯医者:木口歯科医院|高知市の皆さまへ クラウン治療とは

高知市の歯医者:木口歯科医院メインロゴ 高知市の歯医者:木口歯科医院の電話番号088-856-8819 高知市の歯医者:木口歯科医院のWEB予約サイト
高知市の歯医者:木口歯科医院イメージ画像
 

高知市の皆さまへ クラウン治療とは

投稿日: 2016年05月12日 カテゴリ: クラウン

クラウンとは、むし歯や外傷(怪我)によって歯の大部分が失われた時などに人工の差し歯や冠をはめ込む治療を行います。
差し歯は歯根に対して心棒(ポスト)を差し込む形であるためそう呼ばれ、外観に触れる人工歯と歯根に差し込まれる心棒が一体になっています。
冠をはめ込むものは、歯全体を覆うようにかぶせる人工の歯でクラウンがそれに当たります。

メタルボンド03

メタルボンドとは、中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックである陶器を貼り付けた被せ物の差し歯です。見た目がよく変色せず、強度も強い為、多くの歯科医院で使用されています。

特徴として、歯の中に使用する金属に貴金属を使用することで、金属が溶け出す事による歯茎の変色や金属アレルギーなどが起こる可能性を低くする事が出来ます。

他の歯と同じような色にしたい時は、セラミック製のクラウンを使用します。これは自由診療で治療費は高騰します。

セラミッククラウンにはいくつか種類がありますが、もっとも一般的なのは「メタルボンド」というもので、金合金などの金属にポーセレンという陶材を焼きつけたもので、見た目はほかの歯と区別がつかないほど自然ですが、歯茎が下がってくると、金属とポーセレンの継ぎ目が見えたり、歯茎のきわが黒ずんだりしてしまう欠点があります。


過去の記事
ソーシャルネットワーク