高知市にある歯医者:木口歯科医院|高知市の皆様へ 顎の骨の大きさについて

高知市の歯医者:木口歯科医院メインロゴ 高知市の歯医者:木口歯科医院の電話番号088-856-8819 高知市の歯医者:木口歯科医院のWEB予約サイト
高知市の歯医者:木口歯科医院イメージ画像
 

高知市の皆様へ 顎の骨の大きさについて

投稿日: 2016年04月10日 カテゴリ: 咀嚼力

日本大学松戸歯学部の葛西教授の興味ある研究発表をご紹介致します。canstockphoto2548450

葛西教授によれば「縄文人と現代人の下顎骨をCTスキャンした数字を比較した結果、
歯列幅は縄文人が広かったが、骨体最大幅や骨体基底幅は縄文人、現代人ともほぼ同じ結果でした」という報告です。

現代人は昔の人と比べて顎が小さくなったと言われていますよね。これは子どもが成長する過程で、母乳から離乳食へと移りそして歯が生え始めるに従い噛む力がついてきます。
しかし、私たちの食生活では軟らかい食べ物が多く、噛む力がなくても食べられるものが沢山存在します。その為、咀嚼力の低下に繋がっています。

噛むことは、栄養を吸収しやすくする為に必要な要素で、脳の発達にも重要な役割があります。子どもの成長に合わせて必要不可欠な事です。

葛西教授は「臼歯(奥歯)本来の役割であるすり潰しながら噛む運動「臼摩運動・グラインデイング咀嚼」がきわめて少なくなっているため」と分析しています。
一口で噛む回数が30回以上だけではなく「噛み方」の質が歯・顎の成長や綺麗な歯並びを形成する為には大切だと言われています。

普段の食習慣を軟らかい物を食べる傾向を改善が重要です。
一口30回噛み込み、噛みきり、奥歯ですり潰す食事を心がける必要が有ります。
患者さまの食習慣・咬み癖・噛み方・噛みよい感覚を考慮し、歯科治療に関しての詰め物・かぶせ物・入れ歯(以上補綴物)などをご案内させて頂きます。


過去の記事
ソーシャルネットワーク