高知市にある歯医者:木口歯科医院|高知市の皆様へ 補綴治療(クラウン・ブリッジ)について

高知市の歯医者:木口歯科医院メインロゴ 高知市の歯医者:木口歯科医院の電話番号088-856-8819 高知市の歯医者:木口歯科医院のWEB予約サイト
高知市の歯医者:木口歯科医院イメージ画像
 

高知市の皆様へ 補綴治療(クラウン・ブリッジ)について

投稿日: 2016年03月23日 カテゴリ: クラウン, ブリッジ, 補綴治療

補綴治療(クラウン・ブリッジ)についてご案内させて頂きます。

歯科治療での補綴とは,歯が欠けたり、なくなった場合にクラウンやブリッジ・入れ歯などの人工物で元の機能を補うことをいい、用いる人工物を「補綴装置」と総称しています。

 

補綴治療例03

〇クラウン治療

むし歯レベルがC3以上の場合は根管治療を行う必要があり、歯冠部を大きく削るため、詰め物をはめ込むインレー修復では対応が出きず、クラウンという被せ物を施します。

奥歯にもっともよく使われている銀歯は、12%金銀パラジウム合金で作られています。

前歯(前歯と犬歯)は12%金銀パラジウム合金を土台に、見える部分にだけに強度を高めた硬質レジンを接着させた「硬質レジン前装冠」を施します。
歯の表側は白いが、裏側は金属のままなので、食べたり話したり笑ったりした時に、金属が見えてしまうことがあります。最近では小臼歯(犬歯の次の歯)だけにCAD/CAMが用いられ白い歯で機能的な補綴材料が保険導入されました。


過去の記事
ソーシャルネットワーク