高知市にある歯医者:木口歯科医院|高知市の皆様へ  歯周病と肺炎

高知市の歯医者:木口歯科医院メインロゴ 高知市の歯医者:木口歯科医院の電話番号088-856-8819 高知市の歯医者:木口歯科医院のWEB予約サイト
高知市の歯医者:木口歯科医院イメージ画像
 

高知市の皆様へ  歯周病と肺炎

投稿日: 2015年12月19日 カテゴリ: 予防歯科, 歯周病

dr歯周病と心臓病(心臓血管疾患)(2015/12/12投稿)」では、日本人の死因第2位を占める「心臓病(心疾患)」と歯周病についての関わりをご案内しましたが、今回は高齢者の死因第1位である「肺炎」と歯周病との関連について、ご案内いたします。
高齢者が亡くなる原因として、もっとも多いのが肺炎で、その中でも、異物や唾液が誤って肺に入っておこる「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」が大きな割合を占めております。そしてこれにも歯周病菌が大きな原因となっています。

260469通常食べ物は、口から食道を経て胃に送られます。しかし誤って気道から肺へ食べ物が送り込まれることがあります。これを誤嚥(ごえん)といい、誤って食べ物を飲み込むことをいいます。予防歯科を疎かにしていると、口腔内には歯周病菌を含んだ無数の細菌が繁殖してしまいます。その細菌などが食べ物に付着し、誤嚥してしまうと細菌が原因となって、肺の中で肺炎を起こすことがあります。これが誤嚥性肺炎です。

口の中の衛生状態を改善できれば、病院や高齢者福祉施設で肺炎リスクを低減できることはすでに分かっています。このような結論の多くは日本での研究によるものです。

ですから口の中を清潔にし、歯周病を予防することが、肺炎を防ぎ、救命にもつながります。


過去の記事
ソーシャルネットワーク