高知市にある歯医者:木口歯科医院|高知市の皆様へ 咀嚼障害・嚥下障害について

高知市の歯医者:木口歯科医院メインロゴ 高知市の歯医者:木口歯科医院の電話番号088-856-8819 高知市の歯医者:木口歯科医院のWEB予約サイト
高知市の歯医者:木口歯科医院イメージ画像
 

高知市の皆様へ 咀嚼障害・嚥下障害について

投稿日: 2016年08月01日 カテゴリ: 顎口腔機能

こんにちは!
前回は呼吸障害・開口障害についてお伝えしました。
今日は咀嚼障害・嚥下障害について、お伝えします。

canstockphoto2548450咀嚼障害

咀嚼とは歯・または人口歯で食物を細かくなるまでよく噛み嚥下しやすい状態にすることを言います。
咀嚼には口唇・頬・舌・顎の開口などの複雑な運動の組み合わせで行われており、これらの運動をつかさどる器官や運動に障害が生じるのが咀嚼障害です。

咀嚼障害には大きく次のように分けられます。
●組織の欠損(歯・顎骨・口唇・頬・舌などが欠損し、食物を歯列に乗せることができないため咀嚼機能が障害される)
●咬合異常(個々の歯・顎骨の位置や発育、骨折後の変形などによる障害)
●顎運動の障害(筋肉や神経、関節の異常により下顎運動が妨げられ咀嚼障害が生じる)
●疼痛(炎症による歯痛、または骨折・口内炎などの痛みのため噛めない場合の障害)

嚥下障害

嚥下(えんげ)とは食物を飲み込む動作のことを言い、食物を口腔から胃まで運ぶ「飲み込み」の一連の運動に障害が生じることを嚥下障害と言います。
嚥下障害には重度の口内炎・口底炎・腫瘍などの原因の他、手術後の組織欠損や瘢痕などが原因の時もあります。
嚥下には多くの器官が関わっているため、関連する器官が障害を受ける様々な疾患で嚥下障害が引き起こされてしまいます。
嚥下障害が起こると食物をうまく摂取出来なくなり、栄養低下と食物の気道への流入(誤嚥)による嚥下性肺炎(誤嚥性肺炎)が問題になります。

嚥下障害を引き起こす疾患にはいろいろなものがありますが、とくに脳梗塞・脳出血などの脳血管障害が起こりやすく、また高齢者の肺炎のかなりの部分は、加齢による嚥下機能の低下によって引き起こされる嚥下性肺炎であるともいわれており、高齢化社会を迎えてその対応が問題になっています。


過去の記事
ソーシャルネットワーク