高知市にある歯医者:木口歯科医院|高知市の皆さまへ クラウン治療の種類のご案内

高知市の歯医者:木口歯科医院メインロゴ 高知市の歯医者:木口歯科医院の電話番号088-856-8819 高知市の歯医者:木口歯科医院のWEB予約サイト
高知市の歯医者:木口歯科医院イメージ画像
 

高知市の皆さまへ クラウン治療の種類のご案内

投稿日: 2016年01月29日 カテゴリ: クラウン

今回は、「クラウン治療の種類」についてご案内させて頂きます。

クラウン治療の種類

メタルボンドmetarubondcrown

歯の色を揃えたい場合はセラミックのクラウンを用いますが自由診療になるので、治療費はアップします。セラミッククラウンにはいくつか種類があり、もっとも一般的なものは「メタルボンド」といって、金合金などの金属にポーセレン(陶材)を焼きつけたものです。
見た目は他の歯と区別がつかないほど自然ですが、欠点もあります。

歯ぐきが下がってくると、金属とポーセレンの継ぎ目が見えたり、歯ぐきのきわが黒ずんだりする事が有ります。

オールセラミッククラウンallseramic

「オールセラミッククラウン」は、メタルボンドの欠点をなくしたもので、土台はセラミックの一種であるジルコニアでつくり、その上にポーセレンを焼きつけます。これなら、何年たっても歯ぐきが黒ずむことはありません。ただし、これにも欠点がありポーセレンを焼きつけているので、使っているうちに欠けることがあります。

ハイブリッドセラミッククラウンhighbritseramic

この他、歯の色に似た白いタイプでは、超微粒子のセラミックとレジンを混ぜ合わせた新素材でつくる「ハイブリッドセラミッククラウン」もあります。
セラミックのような色調と硬さ、レジンの折れにくさを併せ持っているが、審美性、耐久性はやや劣ります。

オールジルコニアクラウンalljirukonia

すべてをジルコニアでつくった「オールジルコニアクラウン」です。
ジルコニアは白色ですが、ポーセレンのような透明感のある自然な色ではないので、着色して天然の歯に近づけます。アメリカでは、すでにこのタイプが奥歯では主流になり、日本でも需要が伸びている様です。

 

このように、自由診療で使える材料の選択肢がたくさん有ります。
それぞれの材料の特徴、長所、短所、料金などをよく理解し、
ご自身に合ったタイプを選べば良いでしょう。


過去の記事
ソーシャルネットワーク